建学の精神・沿革

建学の精神・沿革
建学の精神・沿革

建学の精神(学校法人 明浄学院)

「明(あか)く、浄(きよ)く、直(なお)く」の
精神に則り、豊かな心と深い教養を備え、
知性に輝く有為の人材の育成

学部の目的

観光学部
の目的

観光学に関する学際的諸分野の教育・研究を通じて、観光学に関する総合的理解の促進と応用的能力を学修することにより、観光関連産業等に従事する有能な人材の育成、および学際的諸研究を通じ観光学の理論構築を目的とする。(大阪観光大学学則第1条の2)

国際交流学部
の目的

日本学に関する諸分野の教育・研究と発信ツールとしての高度な英語力の涵養を基礎に置き、地球益を重んじる課題解決能力を備えた有為の人間「和魂地求人」を育成し、併せて文化の固有性と普遍性をめぐる研究の推進により交流学理論の構築を行うことを目的とする。(大阪観光大学学則第1条の3)

沿革

  • 日蓮上人降誕700周年事業として大阪市内日蓮宗寺院団において5年制明浄高等女学校を発願。
  • 文部省より明浄高等女学校(5年制)の設置認可を受く。
  • 明浄高等女学校開校。
  • 宗門を離れる。
  • 財団法人明浄高等女学校設立認可。
  • 学制改革に伴い高等学校(全日制普通科)に移行及び明浄中学校(平成16年9月廃止)を設置。
  • 法人の名称を財団法人明浄学院と改称。
  • 学校法人明浄学院に組織変更認可。
  • 文部大臣より大阪明浄女子短期大学(2年制、英語科)の設置認可。
  • 大阪明浄女子短期大学開学(平成21年8月廃止)。
  • 文部大臣より大阪明浄女子短期大学(文芸科)の設置認可。
  • 大阪明浄女子短期大学文芸科開設。
  • 文部大臣より大阪明浄大学(4年制、観光学部 観光学科、男女共学)の設置認可。
  • 大阪明浄大学開学。
  • 学院創立80周年祝賀。
  • 観光学研究所設立。
  • 大阪明浄大学第1期生卒業。
  • 大阪観光大学に名称変更。
  • 教職課程設置。
  • 文部科学大臣より大阪観光大学国際交流学部の設置認可。
  • 国際交流学部国際交流学科開設。
  • 日本語別科設立。

3つのポリシー

アドミッションポリシー

アドミッションポリシーとは、大学が受験生に求める能力・意欲などをまとめたものです。 大阪観光大学では、建学の精神、学部の目的、教育の目標に基づき、次のような受験生を求めています。

観光学部

  1. 観光に深い関心を持つ人。
  2. 幅広い視野をもって、観光学を意欲的に学ぼうとする人。
  3. 豊かな創造性をもち、いきいきと仕事をしたい人。
  4. 観光に関わる分野の高度な専門的能力をもち、リーダーとして活躍したい人。
  5. 語学力・情報処理力を高め、国際的に活躍したい人。
  6. 異文化理解を深め、世界の人々と協力し、友好な関係を作ろうとする人。
観光学部アドミッションポリシーマトリクス表

国際交流学部

  1. 世界の人々との交流に興味があり、日本や海外で活躍したい人。
  2. 自分とは異なる文化や立場の人々を理解し、問題の解決のために協力しようとする人。
  3. 英語や日本語など、ことばに興味があり、高等学校までに学んだことばの力をさらに伸ばそうとする意欲のある人。
  4. 日本や海外の文化に興味があり、異文化交流の基礎となる教養を身につけようとする意欲のある人。
国際交流学部アドミッションポリシーマトリクス表

ディプロマポリシー

観光学部

以下の資質、能力を育み、修得した学生に学士の学位を授与する。

  1. 観光に関わる学術上の成果を修得して、それらを職業生活の場で実践的に活用できる知識と技能を持っている。
  2. グローバルな社会の中で活躍できる言語や情報処理に関する基礎的な運用能力を持っている。
  3. 豊かな人格を築き、おもてなしの精神を育んでいる。
  4. 異文化への理解を深め、尊重する姿勢を身につけている。

国際交流学部

国際交流学部では、スタジオ制度を核としたリベラルアーツ教育により、グローバル化する世界のなかで社会を牽引していくリーダーシップを持った教養人を育成することを教育の目標とする。
学生は、多様な価値観をもつ人々と交流し協働するために、幅広い分野の基本的知識と考え方、そしてものごとを正しく理解・判断し伝える知的技術を身につける。また、社会、文化、ことば、政治、経済、芸術、心理など、特定の専門領域からスタジオを選択し、課題発見・解決型の実践的プロジェクトに挑戦する。
本学部から学位を授与された学士は、それぞれの活躍の場において、本学において学んだ知識や技術をもって現実の課題にあたることのできる本物の「教養」を身につけ、社会を牽引するために必要なリーダーシップを養成する。

これを実現するために、所定の教育課程124単位以上の履修を通し、下記1から5の目標を達成した者に対して学位を授与する。

  1. 各自の視座を持ち、批判的思考力をもって発見・分析・考察するための基本的な知的技術を身につけること。すなわち、
    ・物事の問題点を分析し、論理的に考える技術
    ・明瞭かつ効果的に書く技術
    ・文章から本質的な情報を読み取る技術
    ・適切なことばで自らの考えを相手に伝える技術
    ・仕事の現場で必要な語学力
  2. さまざまな分野の学問について、基礎的な知識を習得すること。
  3. 他の文化・芸術や時代に対する基礎的な知識を習得すること。
  4. 倫理や道徳を身につけていること。
  5. 自らの問いを見つけ、その答えを探求するために、あるひとつの学問分野について深く学んだ経験をもつこと。

カリキュラムポリシー

観光学部

社会に求められ観光業界で活躍できる教養ある実務家を育成するために、観光理論と観光実務の科目をバランスよく組み合わせたカリキュラムを編成する。学部教育の基礎となる知識・技能・語学を習得させるため、基礎科目を配置する。卒業後の進路に合わせ、観光経営・地域振興・観光文化という3つの分野から多彩な展開科目が選択できる。学群として、ツーリズム群・アーツ&サイエンス群・グローバル・コミュニケーション群・ビジネス&プラクティス群を置くが、各学群領域は横断的に履修でき、複合的な学修が可能となっている。また全ての学生は、全学年を通して自身が興味関心を持つ観光の専門領域のスタジオを選択し履修する。

  1. 1年次から4年次まで全学年を通して学生は、自らが興味関心を持つ観光の専門領域のスタジオを選択し履修する。スタジオ群は観光経営・地域振興・観光文化の3つのテーマから構成されている。それぞれのスタジオは、社会に求められる実践的能力を持った人材の育成を目的として、問題発見・解決型の指導方法にもとづく少人数制によって運営される。4年次に履修するThesisスタジオにおいて、卒業論文または卒業制作を必修とする。
  2. ツーリズム群では、観光の基礎知識を習得するために、初年次に「観光学入門」と「観光学概論」の基礎科目を履修する。展開科目では、観光学の体系的な理解の学修のために、観光経営・地域振興・観光文化という3つの分野から多彩な観光理論を履修する。
  3. グローバル・コミュニケーション群では、コミュニケーションツールとして必要な語学力(英語・日本語)を養成するため英語科目・日本語科目を基礎科目として履修する。展開科目では、グローバル化する社会に対応できるコミュニケーション能力の養成のために、第二外国語科目およびより高いレベルの英語・日本語科目を履修する。
  4. アーツ&サイエンス群では、基礎科目と展開科目を通して自然・社会・人文の各科学の科目を履修する。学際的な学修を通して、幅広く深い教養を持つ人材を育成する。また、多様な価値観と生き方を理解し、尊重する人材を育成するために、「異文化理解」と「ダイバーシティと人権」を設置する。
  5. ビジネス&プラクティス群では、基礎科目で社会人として必要となる基礎知識を習得する。展開科目では、観光業界で活躍できる知識と技術、そしておもてなしの精神を養成するために、観光実務系の授業科目を設置する。
  6. 教職課程を置き、観光学の裾野を広めてゆく人材を育成する。

国際交流学部

国際交流学部では、ディプロマ・ポリシーに掲げた教育目標を達成し、グローバル化する社会において活躍・貢献できる人材を育成するために、以下のカリキュラムの方針に基づいて教育を実践する。

総論

国際交流学部のカリキュラムは、「アーツ&サイエンス群」、「グローバル・コミュニケーション群」、「スタジオ群」、「ビジネス&プラクティス群」の4つの群で構成されている。
学生に対する教育は、4年間を通してスタジオ(スタジオ群)を中心に展開される。なお、スタジオ群がカリキュラム全体の縦糸を構成するとするならば、アーツ&サイエンス群、グローバル・コミュニケーション群、ビジネス&プラクティス群のそれぞれに設置された科目は、カリキュラムの横糸を成すものである。
各学群は基礎レベルの100番代、専門レベルヘの準備段階となる200番代、専門研究レベルの300番代によリレベル分けされる。学生は所属するスタジオの指導教員の指定もしくは推薦に従い、それぞれの学年に関わらず学修レベルに応じて必要なレベルの科目を履修する。

各論
  1. スタジオ群
    学生は、社会、文化、ことば、政治、経済、芸術、心理など、特定の専門領域からスタジオを選択し、1年次から4年次まで全学年を通じて履修する。スタジオにおいては、大学教育への導入、学部教育の基礎となる知識と技能の習得、さらに、課題発見・解決型の実践的プロジェクトを通じて、批判的思考力および、論理的で説得力のある議論を展開するための知的技術を養う。スタジオは、他の諸科目とも協働して各ディプロマ・ポリシーに定める能力を育成する。
    学生は各スタジオで取り組んだ課題についてポートフォリオを作成し、思考段階からリサーチ、企画、制作過程から作品提示に至るまで、その全プロセスを記録しなければならない。
  2. アーツ&サイエンス群
    さまざまな学問分野(理科学・社会科学・人文科学・学際研究)の基礎的知識と経験を基盤とした教養と思考能力を習得し、自らの関心領域を総合的かつ体系的に追究する能力を養う。加えて、人間を取り巻く文化・芸術や社会について深い教養を身につけ、また、異なる文化や時代に対する知識を習得することにより、価値や存在の多様性を受け入れることのできる人間を育成する。この目的のためにアーツ&サイエンス群の科目を置く。学生は、各分野において指定された以上の単位数及び必修科目を履修しなければならない。
  3. グローバル・コミュニケーション群
    コミュニケーション・ツールとして必要な基本的語学力を養成する。その上で、国際社会で活躍できる社会人として必要な実用レベルの語学力の習得を目指す。この目的のためにグローバル・コミュニケーション群の科目を置く。日本人学生は英語、外国人留学生は日本語を必修科目とし、選択科目を含め、指定された単位数以上を履修しなければならない。
  4. ビジネス&プラクティス群
    卒業後の進路について考え、国際社会に貢献できる自立した社会人への成長を促すと同時に、進路目標に向けて基本的なスキルと知識を身につけ、実践能力を高める。この目的のためにビジネス&プラクティス群の科目を置く。学生は、指定された以上の単位数及び必修科目を履修しなければならない。
  5. 卒業論文・卒業制作・卒業公演
    卒業年次に卒業論文・卒業制作・卒業公演のいずれかが課せられる。学生は4年間にわたるスタジオでの学修において、自らの研究テーマを設定し、教員の指導の下で、学士課程における自らの勉学の集大成として卒業論文・卒業制作・卒業公演のいずれかを完成する。