インターンシップ

インターンシップ
インターンシップ

在学中に企業体験をして
自分の適性を知る。

プロの仕事をいち早く体験できるインターンシップは、自分に合った業界を確かめられる絶好の機会。現地研修だけでなく、前後の準備や振り返りを通じて、夢の実現に必要な能力も理解できます。
※単位認定制度あり

インターンシップの流れ

  1. 01事前学習

    研修先に訪れる企業・施設や業務内容をしっかり研究。
    十分な準備を重ねて、研修本番へと臨みます。

    事前学習
  2. 02インターンシップ

    実際の企業・施設の中で、数週間にわたりプロの仕事を体験。
    仕事の楽しさや難しさすべてを学びます。

    インターンシップ
  3. 03事後研修

    現場で学んだことや感じたことをレポートにまとめ、
    学内で発表。自分の課題や反省も見えてきます。

    事後研修

宿泊業系インターンシップ

宿泊、レストラン、宴会などの多様なサービス実務を経験します。ホテルの最前線に足を踏み入れ、実際にサービス実務に携わることで、専門的な知識と技術を高めていきます。

受け入れ先(実績)

  • ワールドトラベル(紀泉閣)
  • 大阪コロナホテル
  • キッザニア
  • ザ・リッツカールトン大阪
  • スターゲイトホテル関西エアポート
  • セントレジスホテル
  • ホテル一栄
  • むさし
  • 京王観光
  • 城崎温泉
  • とやま農山漁村インターンシップ(NPO法人グリーンツーリズムとやま)
  • 奄美山羊島ホテル
  • アンジュー21
  • 大銑産業
  • 福岡翔(株)
  • 明浄学院高校
  • 杵屋
  • 全日本子供スポーツ連盟
  • 愛媛県大阪事務所
  • 大阪信用金庫

STUDENT’S VOICE 自分の適性を見極められた体験

憧れの旅行業界をめざすうえで、深く関連する業界を知っておきたいと宿泊業での研修に挑戦。関西有数の温泉地・城崎を舞台に、本格的な旅館の仕事を体験しました。朝・夜の仕事の間に、“中抜き”という長い休み時間がある旅館ならではの働き方は、とても新鮮でしたね。
私にとって良い勉強になったのは、お客様を第一に考える現場の皆さんのプロ意識。おかげで「自分がお客様なら何をされると嬉しいか?」を常に考え、行動する意識が身につきました。自分の適性も見極めることができた、貴重な一週間だったと思います。

PROFILE

上島 小波
観光学部 3年生