建学の精神・沿革

建学の精神・沿革
建学の精神・沿革

建学の精神(学校法人 明浄学院)

「明(あか)く、浄(きよ)く、直(なお)く」の
精神に則り、豊かな心と深い教養を備え、
知性に輝く有為の人材の育成

学部の目的

観光学部
の目的

観光学に関する学際的諸分野の教育・研究を通じて、観光学に関する総合的理解の促進と応用的能力を学修することにより、観光関連産業等に従事する有能な人材の育成、および学際的諸研究を通じ観光学の理論構築を目的とする。(大阪観光大学学則第1条の2)

国際交流学部
の目的

日本学に関する諸分野の教育・研究と発信ツールとしての高度な英語力の涵養を基礎に置き、地球益を重んじる課題解決能力を備えた有為の人間「和魂地求人」を育成し、併せて文化の固有性と普遍性をめぐる研究の推進により交流学理論の構築を行うことを目的とする。(大阪観光大学学則第1条の3)

沿革

  • 日蓮上人降誕700周年事業として大阪市内日蓮宗寺院団において5年制明浄高等女学校を発願。
  • 文部省より明浄高等女学校(5年制)の設置認可を受く。
  • 明浄高等女学校開校。
  • 宗門を離れる。
  • 財団法人明浄高等女学校設立認可。
  • 学制改革に伴い高等学校(全日制普通科)に移行及び明浄中学校(平成16年9月廃止)を設置。
  • 法人の名称を財団法人明浄学院と改称。
  • 学校法人明浄学院に組織変更認可。
  • 文部大臣より大阪明浄女子短期大学(2年制、英語科)の設置認可。
  • 大阪明浄女子短期大学開学(平成21年8月廃止)。
  • 文部大臣より大阪明浄女子短期大学(文芸科)の設置認可。
  • 大阪明浄女子短期大学文芸科開設。
  • 文部大臣より大阪明浄大学(4年制、観光学部 観光学科、男女共学)の設置認可。
  • 大阪明浄大学開学。
  • 学院創立80周年祝賀。
  • 観光学研究所設立。
  • 大阪明浄大学第1期生卒業。
  • 大阪観光大学に名称変更。
  • 教職課程設置。
  • 文部科学大臣より大阪観光大学国際交流学部の設置認可。
  • 国際交流学部国際交流学科開設。
  • 日本語別科設立。

3つのポリシー

アドミッションポリシー

アドミッションポリシーとは、大学が受験生に求める能力・意欲などをまとめたものです。 大阪観光大学では、建学の精神、学部の目的、教育の目標に基づき、次のような受験生を求めています。

観光学部

  1. 観光に深い関心を持つ人。
  2. 幅広い視野をもって、観光学を意欲的に学ぼうとする人。
  3. 豊かな創造性をもち、いきいきと仕事をしたい人。
  4. 観光に関わる分野の高度な専門的能力をもち、リーダーとして活躍したい人。
  5. 語学力・情報処理力を高め、国際的に活躍したい人。
  6. 異文化理解を深め、世界の人々と協力し、友好な関係を作ろうとする人。
観光学部アドミッションポリシーマトリクス表

国際交流学部

  1. 世界の人々との交流に興味があり、日本や海外で活躍したい人。
  2. 自分とは異なる文化や立場の人々を理解し、問題の解決のために協力しようとする人。
  3. 英語や日本語など、ことばに興味があり、高等学校までに学んだことばの力をさらに伸ばそうとする意欲のある人。
  4. 日本や海外の文化に興味があり、異文化交流の基礎となる教養を身につけようとする意欲のある人。
国際交流学部アドミッションポリシーマトリクス表

ディプロマポリシー

観光学部

以下のために必要な資質、能力を育み、修得した学生に学士の学位を授与する。

  1. 観光に関わる高度な専門性をもった専門的職業人として活躍できること。
  2. 観光業をはじめとする観光に関わる分野で、本学観光学部で学んだ多様な知識、専門性を活かせること。
  3. グローバルな社会の中で、観光学に基づく幅広い視野をもって、異文化を理解し、尊重できること。
  4. 異文化理解とおもてなしの精神を兼ねそなえていること。

国際交流学部

大阪観光大学国際交流学部は、「グローバル化する世界の中で、日本人としての矜持を持ち、国際人、さらには国を超えた地球人同志として積極的に日本文化を発信し、世界の人々と交流できる人材、すなわち「和魂地球人」を育成する」という理念を教育の根幹とし、「地球益を重んじ、日本文化を世界に発信して新しい世界観形成を模索し、問題を発見し解決する能力を備えた有為の人材を育成する」ことを教育の目的としています。

  1. 日本の歴史、地理、文化、芸術等について深い教養を身につけ、日本の先達が過去現在に成してきた有形無形の業績を知り、それらを踏まえて日本を諸外国に発信する視点に立って、建設的な問題意識を持つことができる。
  2. 日本と他の国々との関係について、日本と他者との交流という相互的な観点からこれを位置付け、内外の多様な文化や歴史、また近隣アジア諸地域の言語や諸事情に精通して、バランスのとれた視野で建設的な考察ができる。
  3. 英語について「読む・聞く・書く・話す」の基本的能力を身につけ、日本を諸外国に発信するために必要にして十分な表現力を備え、適切に運用することができる。
  4. 日本を諸外国に発信する上で直面する諸課題について、各自の視座を持ち、批判的思考力をもって発見・分析・考察し、論理的で説得力のある議論を展開することができる。
  5. 日本語(国語)表現について、学習及び社会生活の上で必要な基礎知識を持ち、それらを実践的に運用することができる。
  6. 人間の思考と心理について、基礎的な知識を持ち、それらを踏まえた上で社会生活における人間関係を適切に構築し、心身の健康維持・向上に努め、人生の様々な困難に立ち向かうことができる。自分の仕事について、適切な労働観を持ち、積極的な就労意識を持つことができる。
  7. IT機器を用いて文書を作成し、表現することができる。

カリキュラムポリシー

観光学部

  1. 本学観光学部の目的に基づき、基礎的な授業科目の学修をふまえつつ、観光経営、国際観光、観光文化の3コースをもつカリキュラムを編成する。
  2. 諸分野についての基礎を学ぶ導入科目、また、観光学および観光業、それらの関連領域についての基礎を学ぶ基礎科目、広域科目を置く。
  3. 観光学および観光業、それらの関連領域についての専門的な内容を学ぶ展開科目は、観光経営、国際観光、観光文化に関する共通科目とともに、将来の希望に合わせて、専門性を高め、磨くため、観光経営、国際観光、観光文化の3コースに分かれて学ぶ授業科目で構成する。
  4. 演習科目では、専門性を高めるとともに、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力などの向上を目指す。
  5. 特別科目では、フィールドワーク、現場体験、演習、特殊講義などを通して、企画力、実践力、政策立案などのための能力を身につける。
  6. コミュニケーション科目では、語学力(外国語、日本語)、情報処理の能力を養成し、高める。
  7. 教職課程を取得させることにより、観光学の裾野を広めていく人材を育成する。
  8. 観光に関する様々な資格取得が可能になる教育システムを構成する。

国際交流学部

大阪観光大学国際交流学部はその理念と目的に基づき、ディプロマ・ポリシーに示す能力を持った人材を育成するため、下記01~07の方針に基づきカリキュラムを定めます。

  1. 国際交流学部の学生は、日本の歴史、伝統、文化等について深い教養を養い、また日本と他国との交流という観点から諸外国の歴史、文化等についても学び全人的な教養を養う。この目的のために、日本学プログラム(基礎教養・探究)、国際日本プログラム、創造力開発プログラム、生き方学習プログラム、近隣アジア地域研究プログラムの諸科目を履修する。
  2. 国際交流学部の学生は、コミュニケーション・ツールとしての高度な語学力(英語、日本語)を養成する。この目的のために、英語プログラム(Ⅰ・Ⅱ)、日本語強化プログラム、学外プログラム、情報技術プログラムの諸科目を履修する。
  3. 国際交流学部の学生は、人間性の探究を基礎に据えて深い交流力を養う。この目的のために、人材交流マネジメントプログラム、キャリアプログラム、健康プログラムの諸科目を履修する。
  4. 国際交流学部の学生は、1年次から4年次まで全学年を通じて演習科目を履修し、諸課題に対して批判的思考力をもって取り組み、論理的で説得力のある議論を展開する能力を養う。演習科目は、他の諸プログラムとも協働して、各ディプロマ・ポリシーに定める能力を育成する。
  5. 国際交流学部の学生は、1年次と2年次に履修する演習科目(基礎演習ⅠAB、基礎演習ⅡAB)において、教員の指導の下で、学修に必要な能力(アカデミック・スタディスキル)を育成するとともに、批判的思考力の養成と基本的なコミュニケーションの実践を行う。
  6. 国際交流学部の学生は、3年次に履修する演習科目(専門演習AB)において、教員の指導の下で、専門分野をさらに体系的かつ専門的に学び、自らの研究課題を発見し、これを探究する学修を行う。
  7. 国際交流学部の学生は、卒業年次に卒業論文の作成が課される。学生は4年次に履修する演習科目(卒論研究AB)において、教員の指導の下で、自らの論文テーマを設定し、学士課程における自らの勉学の集大成として卒業論文を完成する。